前へ
次へ

レストランウエディングの会費制の仕組みを知る

日本の風習として冠婚葬祭に対して一定のお金をやり取りする仕組みがあります。諸外国でも渡すだけの仕組みはあるようですが、日本の特徴としてはさらにお返しがある点があるかもしれません。このお金のやり取りに関しては明確に決められているわけではないので贈る側が悩んだりもするでしょう。さらに贈られる側としてもお金に応じた対応が求められる時があり、お金が決まっていないことによる問題がいろいろ出てくるときがあります。一般的な結婚式ではご祝儀制をとるため贈る側の金額が決まっていません。レストランウエディングにおいては会費制を取るケースが多く、招待者に対して一律の会費を徴収する仕組みになっています。これによって招待者側も通常よりも少ないお金で済ませられますし、正体をする側も会費に合わせた料理などを用意すれば済みます。会費制のレストランウエディングによって招待する側にとってもされる側にとってもお金に優しい会を開くことができるでしょう。

Page Top